ブログ

2016-02-15「常識の変化」  hiroのつぶやき

本日の何時もの店から始まり…

打ち合わせラッシュです。

そこで…
「常識の変化」っていう記事を書いてみようと思います。


(例のごとく長文です。笑)

12717310_1023924934341293_3384459989817430054_n

変化のスピードが早いってことで、
当然…常識も大きく変化してかます。

とこ…コミュニケーションに関しては、こうしたSNSやブログで発進するようになり
(ツールの移り変わりも自体も激しい)
さらに…世代ごとや業界ごとに大きな隔たりを感じます。

自分も…昔は
「ポケベル」から「デカイ携帯」そして
「PHS」そして「携帯」
んて、「スマートフォン」
次に、ツールの変化。
「mixi」からスタートして
「Twitter」「Instagram」などなど…
現在では、「Facebook」やら、「ブログ」もちろん、「LINE」や「mail」も。
こんなんが、メインになってる感があります。
昔、「知らない人に初めてコンタクトする」場合は紹介者がいて、本人に直接コンタクトする方法がそもそもなかった気がします。
挨拶を兼ねて…

手紙を郵送したり…

セミナーに参加して名刺をいただいたり…

本を購入して、グループに所属したり…

とかかな…

(懐かしい…)

ちょっと信じがたいようなアナログ式な方法しかありませんでした。

まぁ、現在でも、「業界」や「年代?世代」によっては残ってます。

人経由での連絡がきたり…

わざわざ知り合いや…

関連することを通じて頼み事をしてくる人。

仕事の依頼を手紙に書いて郵送してくる人も少なくありません。

大きな郵便物が知らない方から届いて…「誰?」的なこともあったりします。

まぁ、広告的な要因やイメージを考えると

インパクトがあるのは、

こちらとしても⭕️と考えているところもあるので、良いのですが…

私自身としては…

これが本音。

もっと簡単に連絡とれる時代なんだから

スマートにいこうよ。と、考えています。

名刺交換した方で、連絡を取ろうとして再度見てみたら…連絡先が載っていない…

暑中見舞いやお歳暮を頂き、

お返しをしようとしても、住所が載っていない…

とかになると、単純に時間がかかります。

その住所にほとんどいなくて商品が返って来たことも…

だから、「適切」ってのが

それぞれによって全然違う。

正直…直接の連絡がとれないような人とは

一緒に仕事できる感じはしません。

紙の手紙なんかで仕事を依頼されても

返事しようという気にもなれません。

せめて…

手紙にmailアドレスは記載してほしい。

正直、mailアドレスよりも

Facebookとかで繋がって…

相手がどんな人か?タイプか?分かった方が有効的な時間になると思います。

これが1番手取り早い。

Facebookやブログって、その人の履歴書みたいなもんだし…

見たら、合うか合わないかがだいたい掴める。

会うか会わないかのジャッジもできる。

昔みたいな…紹介者経由での仕事の依頼は「丁寧である」ではなくなってきたと思う。

逆に、「メールアドレスが無い」

「探せない」となると…

「IT リテラシーが低い」と思うし…

「時間がかかるタイプ」だ。

と思ってしまい…

私的には、敬遠気味にむしろなってしまいます。

ことあることに、

「会社に伺います」とか…

「挨拶に伺います」って…

いいんだけど…

そもそもその内容だったら、

Facebook上での

挨拶や電話やfaxの活用で事足りるのでは?と、思うこともしばしばあり…

最近では、その時間を取られることに嫌悪感を感じたりもする。

…これは若者的な意見なのか?

全てをIT化とか効率化とかうたう訳ではありませんが…

(LINEで休むとか退社するとか…それはアカンだろ!って思う自分もいてるので。)

手紙で仕事を依頼したら「礼儀正しい人」ではない時だがきてるのは確かです。

むしろ…「古い慣行や常識にこだわる人」

とか、「新しいモノを取り入れるのに、消極的な人」と思ってしまいます。

あくまで思われる…です。

(批判をしてるわけではありませんので。)

自分側の常識だけで、

コミュニケーション手段を選ぶのは、

現代では…結構リスキーだということ

(=適切な方法で頼めば受けてもらえた話も、連絡手法を間違ったために断られてる)になってる時代ってこと。

「常識の変化」ってタイトルにつけたけど…

あまり無駄なもんややりたくないことに時間とられたくないんだよね〜

って本音を考えてたら、

こんな内容になっちゃいました。

時間って有限だから…

もっともっと大切にしたいですね。

最近は美容室の予約の8割はLINEでの予約になりました。

事前にカウンセリングができることによる

お互いの安心感は半端なく上がるし…

したい髪型を事前に提案できるのもよい。

ってより、わざわざ電話をしなくてよくなったことは、すごいことだと思う。

アフターフォローでサポートもしてあげれるし…

疑問や悩みを解決してあげれる。

この点は「LINE」と「Facebook」のおかげです。

「うちの常連さんはLINEで徹底サポートします。」といって、数年がたち…

今では、LINEだけでも3500人のサポートが出来るようになりました。

これ自体…変化の波ってやつですね。

さぁ…

業界の悪しき風習や習慣、常識から

抜け出しちゃいましょう。

 

 
 

╔══╗ ♥ ♫ ♥
║██║ ♫ ♥ ♫
║(o)║♥ 美容師最高 ♥
╚══╝

¤══¤۩۞۩ஜ♥♥♥ஜ۩۞۩¤¤۩۞۩ஜ♥♥♥ஜ۩۞۩¤══♣
愛される美容室の繁盛メソッド 同文舘出版
著者 杉山寛之
                全国でセミナー活動中
¤══¤۩۞۩ஜ♥♥♥ஜ۩۞۩¤¤۩۞۩ஜ♥♥♥ஜ۩۞۩¤══♣
 
美容業界をもっと面白くしたい!と思い、12年前に
岐阜県大垣市に会社「S」を設立
現在は美容師としてサロンワークやセミナー活動を展開
「愛される美容室の繁盛メソッド」
同文舘からの出版を期に美容院の生産性1000万つくりを提唱。
 
↓(購入も可能です)
 
 
「米満&杉山」の頭脳」で
全国で会員制ビジネスや販促売上、販促補助金、第3売上の
会員を募集中
 
 

現在の店舗、hair’s gallery桜歌(おうか)にて
ヘアデザイナーもしております。
 
 

縁がありましたら、よろしくおねがいします。
facebookで情報を発信しています。気軽に友達申請をしてください。
(上限に達成した場合は承認できないので
ご了承ください。)
杉山寛之個人
↓↓
【S有限会社】〒503-0804 岐阜県大垣市中ノ江1-3-1 1F 桜歌【コラボラボ 集客・リピートサポート事業部】
http://coraboweb.com/〒503-0804 岐阜県大垣市中ノ江1-3-1 2F
TEL    : 0584-73-6464
FAX    : 0584-76-5454
E-MAIL : 16world@gmail.com
代表取締役 杉山 寛之 090-8889-9703
*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。